「釣果ブログ」2007年からの情報満載!

「コロナに負けず元気に営業中!毎日予約を受け付けています。」

▼発熱した急病者をコロナ疑い見捨て死亡
 昨日のロ-カルニュース~8/6沖縄県浦添市で事件発生!28度の発熱で倒れていると119番通報があり、救急車が駆け付けたもののコロナ疑いビビッた救急隊員が、何の処置もせず保健所に電話するよう促し救急搬送せず署へ帰った。そして、その直後に容体が急変し死亡・・・。死後の抗原検査では陰性判定され新型コロナが原因では無いと判明。
(PS:8/9追記、当初の報道は、こんな感じで救急隊員も「正直コロナ怖い!」とか書かれていたが、その後にスッキリしないあいまいな表現の下記事に書き換えられている。)
沖縄タイムスの記事はこちらから
 死因は不明だが、おそらく熱中症だったと思う。ご冥福をお祈りいたします。
 恐れていた事が身近で起こってしまい、ニュースを聞いたとき涙が出そうになった。救急隊員ですらコロナの正しい知識が無く極度に恐れてしまい、現場での判断に迷いパニックになっている。私が先日から、しつこく指摘しているように県のかじ取りの間違いと、危機感をアオるマスコミの報道が招いた悲劇。私は救急隊員を責めているのでは無い!「沖縄緊急事態宣言を断固反対」という意味は?経済活動がダウンする他、県民が必要以上に恐怖を感じ過剰な対策をしたり、間違った知識が蔓延し社会機能など全体がパニックに陥るという危険性も指摘している。
 普段から体を鍛えている若くて屈強な救急隊員なら、間違ってコロナに感染しても無症状か軽症で済むのに、もちろん防護服などあるはずだからマニュアル通り冷静に対応すれば良かったはず。
 何度も繰り返し言うが、健康な若い人なら重症化しないコロナや他のウイルスも普通に感染して抗体を獲得し免疫を高め、次にやってくるかもしれない強毒のウイルスに備えるのがベスト。感染拡大とは?マイナス要素じゃ無く、むしろ集団免疫が高まっている証拠なので良い傾向なのに。この理論に気付き始めている人も続々増えているが、まだまだ多くの人は必要以上にコロナを恐れすぎている。

▼以下画像は8/7NHK沖縄の特番

 沖縄は連日、感染拡大!と騒いでいるが本当にそうですか?どうか冷静に、上の数字を見てください。4月のピーク時と比べて重症者数が全然少ない。沖縄県の公式サイト~「感染者動向」は8/5時点の重症者わずか2名、重症病床使用率0.7%、重症化率1.2%、死者も相変わらず6/3以降出ていない。7月~8月はコロナで誰も死んでいないのにWhy?
 話は変わり今朝のテレビでやっていたが、子供たちは自粛の影響で家に閉じこもりゲームばかりやっているので視力が落ちているらしい。過剰な対策ばかり続けすぎ!早く元の生活に戻さないといろんな弊害が発生し、いろんな事が手遅れになっている。

 ※やみくもにPCR検査数を増やしたせいで、無症状や軽い風邪くらいの症状の人が1日50人も?正確には不明だが沢山病院に押しかけ、他の患者の診察にも支障をきたすはず。実際に重症化する人は一部の高齢者や基礎疾患保持者のみ、どこの病院に入院しているか不明だが8/2時点でわずか2名。

 PCR検査数が極端に増加している事を最前線の医師も認めている。

 医療現場は、もちろん重症者のキャパオーバーを警戒しており、特に今は自分達の事で精いっぱいだと思うので、経済(観光や飲食店など)の事など心配する余裕が無い。だから県のリーダー達が、医療の状況を正しく判断して同時に経済も回さないと、経済が崩壊したら医療も含め社会全体が崩壊する。緊急事態宣言などの決定は、もっともっと慎重に考えてほしい。

▼沖縄で熱中症が急増
 沖縄は6/12の梅雨明けから例年より高い気温が続いている。更に今年は、神経質になりすぎたマスクの影響もあり熱中症が急増中!消防庁の発表で県内6/1~28日の救急搬送された人は213人と昨年の2倍で、医療機関の発表は6/1~7/20まで重症者は15件発生している。
 一方コロナの重症者は、同期間だと公式なデータが残っていないので不明だが、かなり少なかったはず。8/1からは毎日2~3人で推移していた状況から推測すると最近なら5人くらい。熱中症より重症者が少ないのに、なぜコロナばかり緊急事態宣言まで出して大騒ぎなのか?
 コロナの過剰対策のせいで建築現場の作業員もマスクを強制されたり、ジョギングや公園で遊んでいる子供たちもマスクをしているのを見かけるが、危険なので本当にやめた方が良い。
 沖縄は近年、本土に比べ夏場の気温が上がらず避暑地と呼ばれていたので、県民の皆さんも油断しているかもしれない。 コロナを特別扱いせず、何の症状も無い人はマスク不要!今まで通りセキなど普通に風邪の症状がある人だけが、他人にうつさないよう念のためマスクをつけるくらいで十分。 沖縄に限らず今年はコロナより、熱中症に要注意!もう必要以上にマスクをしないよう、特に子供にマスクは不要。
 先日、全国ニュースで東京の夜の街のホストさんが、発熱と倦怠感があると救急搬送されたものの、病院でもコロナと熱中症は症状が似ているので初期の判断が難しいとの事。結局、PCR検査をして熱中症と診断され入院したそうだが、その後は不明。
 ん~もしかして?魔女(小池都知事)の夜の街いじめで収入が無くなり、電気代も払えずエアコンも冷蔵庫も使えない暗い部屋で?更にお金も無いのに、病院の支払いどうするの?
 私は最近、居酒屋など2時間もいたら眠くなり帰宅するので夜の街へ行く元気も無いし、個人的には、あまり必要無いと思っている。でも必要な人には必要なんです。もーやめましょー!夜の街いじめを。

▼松山地区のPCR検査で2000人
 那覇市の繁華街、松山地区でクラスターが発生したとかで、夜の街関連の方を対象に無料のPCR検査をやると募集した所、8/1~2の2日間で2000人も集まり大渋滞~長蛇の列を作ったそうだが、これって違和感に感じませんか?まず、世の中は三密が基本となっているのに大きな密を作り、イベントの自粛を余儀なくされているのに今年初の大規模イベント?(笑)。
琉球新報の記事はこちらから
NHKのニュースはこちらから
 集まった皆さんは、自分が感染していないか?不安だから早く検査をして知りたい。と思うかもしれないが、良く考えてください。普通なら何か気になる症状が発生してから病院で診察を受け医師の指示で適正な検査をする。なのに、症状も無い元気な人達が、中には家族も引き連れ遠足みたいに(笑)、予想をはるかに超える人が殺到したとの事なので検査ミスもあるかもしれないし、本当は陽性なのに偽陰性と判定され安心して気が緩み、高齢者に感染させてしまうリスクもある。
 症状も無いのに陽性と判定される人が多いと思うが、松山地区は休業要請や時短要請を余儀なくされ収入が少なくなって大変なのに、1~2週間も外出できず自宅待機とかホテル隔離させられたら更に収入減になり本末転倒。意味もない陽性者が一気に沢山あぶり出されたら保健所も対応にパニック。症状も無いのに無意味な検査なんて絶対にやるべきでは無い。
 この記事を書いている最中に、8/7沖縄で過去最高100人感染!とマタマタ大騒ぎしているが、松山地区2000人/2日間の検査結果がそろそろ出る頃なので、無症状や軽症の陽性者がそれくらい出ても不思議では無い。日本一PCR検査数が多い東京でも最大6000人/1日なのに。東京の約1/10の人口の沖縄で1日1000人以上の検査をするという事は、東京で1日10000人以上の検査するという、とてつもない数だ。ちなみに8/1~7までのPCR検査数~南北比較は、北海道が平均500人/1日くらい、沖縄は平均700人/1日もやっているので人口比で計算すると北海道より5倍も多い。重症化しない陽性者(感染者)が多いという事は、集団免疫を形成するという観点においても日に日に抗体保有者が増え免疫が高まっている証拠なので大変良い傾向である。ウイルスを必要以上に恐れてはいけない!もっと正しい知識を。

 沖縄県の検査数合計が8/2最多1400↑そんなに検査したら無意味な感染者と言われる陽性者をあぶり出しているだけ。テレビで報道しない現状を良く見て!感染者拡大しているという報道は正式には間違っている。
 検査費用は行政検査として県が全額負担したはずなので、正確な金額は分からないがPCR検査は高額らしい。仮に1人3万円なら2000人で「6千万」も税金で!?ムダな検査なんかしないで、困っている人2000人へ3万円づつ支給した方が良かったのでは?
 何度も言います。コロナは、もはや未知のウイルスじゃ無い!高齢者や基礎疾患のある人に移さないよう十分に配慮しつつ、若く健康な人はマスクをはずし、どんどん夜の街へ行って大人数で密になり、新型コロナや普通にウヨウヨいるウイルスなどに感染して集団免疫を形成しましょう。
 

▼1日も早く経済活動再開しないと失業者がどんどん増えてしまう。(8/7ニュース)

▼自粛しすぎの反動
 先日8/2のブログで現在の重症者の増加は第2波では無く、5~6月の「自粛しすぎの反動」と分析したが、引き続き今回は、人口の多い都道府県と沖縄の重症者数の推移を下表の通りまとめてみた。
 私が重要視している肝心な重症者数に関してだが、最新の更新された日の数は記載されているが、前日のデータが消去されてしまっている都道府県がほとんど。なので表の通り以前の推移が正確に把握できなくスカスカになってしまう。それほど重症者数を重要視していないのか?そんなはず無いと思うので東京や愛知のように推移をちゃんと掲載してほしい。
都道府県のコロナ推移5
 
 全国合計を見ると8/6現在131人に増えており多少は心配しているが、それでもピーク時に比べたら約1/3なので(東京は、もっと少なく1/5) まだまだ大丈夫。理由は、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)の重症者数は人口が多い割に極端に少ないという点に注目してください。やはり日本の中心は、既に多くの人へ蔓延し落ち着いたものの、7月に入り4連休など人の動きが活発化し関西、九州、沖縄など地方へ広がっている傾向にあり、一時的な多少の増加傾向だと判断している。
 そして、沖縄県においては島国なので「自粛しすぎの反動」が他府県より大きい。5月初め~7月初め頃まで「68日間感染者0人」を記録したが、その頃は検査数が毎日ほとんど0~数人程度と少ない上に、過剰な休業や自粛が原因で、普通に生活していれば感染するような人達がたまたま隠れていただけ。だから7月から人の動きが活発になり、自粛明けの感染者がポロポロ増えてくるのは当然の事。もちろん4月5月のような拡大は無さそうだと判断している。
コロナ10県死者数推移4

 上表10県の推移で一番の注目は北海道で、5月頃に一気に感染が広がり死者も多数出たものの、最近は同人口の他県と比べダントツ良い状況になり8/6重症者わずか2人。更に死者は極端に少なく7/23の1人を最後に現在まで0人で、飽和状態という表現が適切か分からないがとても安定している。他府県もいずれ北海道のように収まると思うので、どうか皆さん過度の自粛などせず冷静になってください。
 日本の中心、東京から距離的な共通点で死者数を見た場合、北海道10万人当たりの死者数は2人、沖縄10万人当たり0.5人で現在は少ないが、今後もしもの場合を想定して徐々に北海道並みに増えたとしても4倍で28人なので、県内の2019年交通事故死者36人と比較しても驚く程では無い。
 沖縄に続き8/6に愛知県の大村知事が緊急事態宣言を発令し、休業や時短営業も要請。ん~両県の重症者に関しては、愛知県は8月に入り少しづつ増えているが、同人口の他府県に比べ特別多い訳では無い。沖縄県にしても2~3人で推移しているので問題無い。
 死者数に関しては、愛知県は5/3の1人を最後に、その後2ヵ月間は0人で推移し7月は2日に1人出たものの8月に入っても2人、沖縄は何度も言うが6/3の1人を最後に現在までずっと0人。重症者と死者の状況を考慮しても両県共、過度な自粛や休業をしてまでも経済をダウンさせる必要があるとは考えづらい。高齢者と基礎疾患者を保護しつつ、過剰な対策もせず経済活動優先に進めるべきだと思う。
↓愛知県出身の高須クリニック医院長も危機的状況では無いと言っている。
高須クリニック医院長の見解はこちら
 その他、各都道府県のサイトを閲覧して気付いた点が愛知、沖縄、福岡だけが、正式には「PCR検査の陽性者」と表記する部分を、今だに感染者と記載している。陽性者の中には偽陽性や無症状の人も多く含まれているのに、感染者=発症している患者が急増していると勘違いしてしまい紛らわしいので早急に直してほしい。
 7/16の国会で、東大の児玉教授が、「ミラノやニューヨークの二の舞なる。来月は目を覆うようなことになる」と発言して~7月の4連休から2週間経過しているが、危機的状況になっていない。沖縄でも6/3~現在まで死者も出ていないし。何の根拠もないのに必要以上に恐怖を与えてしまったので、各地方自治体も過剰に反応し対策強化する傾向にあるのかもしれない。
 安部総理みたいに「今後も緊張感をもって重症者と死者の推移を注視してまいりましょう。」(笑)

▼テレビの中の違和感
 最近テレビを見ていると、東京や大阪など街中の群衆が全員マスクをつけ元気に歩いている。健康な人がマスク?これって違和感に感じませんか?テレビが報道しているようにコロナ感染者が増加しているなら、体調が悪い人も急増しているはずなので皆さん警戒して外へ出歩かないと思う。
 特に若者の多くと、一般の皆さんも4月5月の頃に比べたら今は大丈夫だと気付き始めている。なのに地方自治体のリーダーが、この場に及んでも大げさな表現で感染拡大している自粛しろと脅し!これ見よがしにマスコミも乗っかりアオってくる。
 沖縄県知事が「おじーおばーを守るためお盆は帰省しないように」と言っているが、それって「帰省した人が車を運転したら高齢者をひき殺すから来るな!」と言っているようなもの。
 ウイルスは、ずっと昔から人間と共存しており誰でも普通に感染してきたのに、今始まったかのような「WITHコロナの時代へ」とか、そもそも第1波~第2波とかいう言い方もおかしい。そんなこと言うから日本人は特に津波のような第2波が来るかも!?と怯えてしまう。
 知事達が率先してコロナを悪者扱いにするから、余計に過敏になった田舎の人たちが都会から来るなとか、感染者を誹謗中傷してしまい自殺者も出ている。
 お盆の帰省は家族の話し合いで決めたら良いことであって、他人にとやかく言われる筋合いは無いし、とにかく高齢者と持病を持った人へ、うつさないように気を付ければ良いだけ。何を信じたら良いか?皆が混乱している!アホ知事達のせいで本当に世の中おかしくなっている。

▼新型コロナ感染の記憶
 4月初め頃まだ緊急事態宣言が発令される前に、近所の飲食店で本土の大学から帰省した姪2人を含む5名で食事をした。その夜、姪2人共軽い風邪のような症状はあったが、彼女らの要望もあり快く自宅に泊めた。
 そして、姪が去った次の朝起床すると黄緑色の粘り気のある鼻水が出たので、熱を測ったが平熱36.5くいらいで他にセキなどの症状も無い、とにかく鼻水だけ。あーもー風邪うつされた!と姪をからかったが(笑)軽い風邪だろうと思い気にも留めなかった。念のためネットで調べたら黄緑色の鼻水はウイルスに感染している症状らしいが、まさか自分が?その頃は、全く知識も無かったのでコロナとは夢にも思わない、病院も行かずホッておいたが、その鼻水だけは今まで経験が無いくらい長く2~3週間も続いたのでハッキリ記憶している。
 あっ!あの時だ、今考えたら私は、新型コロナに感染していた記憶が蘇る。しかし家内もずっといっしょなのに、彼女は全く無症状!年に1度の人間ドックで毎年オールA判定を誇るバッチリ健康な免疫がやっつけた。
 その翌日から家内は毎日のように昨年、腰椎を骨折した86歳になるおじー(父)を気遣い実家へ通い濃厚接触していたが、おじーは何事も無くピンピンしている。無症状でも感染させるリスクがあると脅しているニセ専門家がいるが、家内の経験を元に、それはたぶん無いと認識している。その後しばらくは、おじーへ風邪をうつさないよう念のため私も姪も、おじーに会うのを控えていたが、ようやく7月に身内(今思うコロナ感染経験者4人)+おじーと1泊旅行して濃厚接触したが、その後もおじーに体調の変化も見られず元気です。
 おそらく私は今、マスクとか三密とか何の対策をしなくても、再び新型コロナに感染したり、させたりするリスクは無いと肌で感じている。当時、精密検査をした訳では無いので真相は不明だが、感染していたと仮定すると?私達のように気づかない人も多いだろうし、幸い日本国内においてはそんな感じなんだと思う。現に濃厚接触した5人共(20代~50代)元気だし、上久保教授が言うように事前にkウイルスに感染していたので免疫力が高まっていたはず。新コロなんか知らないうちに皆感染している!いかがでしょうか、皆さんもこういう経験ありません?。
 という事で、あくまでも私の経験を基に憶測で言ってるだけなので今後とも油断せず、科学的な知見に基いた検証が明らかになるまで、高齢者や基礎疾患者に接触する際は十分に注意するという考え方は変わりません。

▼2018年、日本全国の死亡者ランキング
第1位:ガン37万人、2位:心疾患20.8万人、3位:老衰10.9万人、自殺2万人、交通事故3532人、ワクチンや薬もあるけど子供も死ぬインフルエンザ3325人(関連死含め1万人)、もちの窒息死1300人。
 2020年8/7時点コロナ死者数1038人ながら現在は減少しているのに、何でコロナばかり大騒ぎ?現実を良く見て!
 自粛ばかり!経済活動がダウンすればするほどコロナ自殺が増える。老衰で毎日300人も亡くなっているが、今にも亡くなりそうな高齢者がコロナ陽性判定され亡くなった場合の死因は老衰?コロナ?

▼沖縄で釣りや旅行を検討している皆様へ
 日本中で沖縄コロナ大変!と騒いでいるので、帰省や旅行を断念する方が多いと思うが現状は、病院内の高齢者や基礎疾患保持者の対応に追われているだけで、県民の健康な方が次々に病院へ担ぎ込まれている訳ではありません。
 受け入れ態勢としても空港、タクシーやレンタカー業者、宿泊ホテルなど皆さんウエルカムで頑張っている。ただし、飲食店に関しては、那覇市や恩納村なども観光客メインで営業している店はウエルカムだが、地元の人がメインの店へ行かないよう気を付けて下さい。事前に店へ電話して東京から来たけど行ってもいいですか?と確認すれば良い。ということで健康な方が普通に旅行するのに脅威など全く無いので、どうか不要な心配をせずお越し頂けたら幸いです。
 
▼もし今わたしが知事なら
 もしも私が急きょ、新知事に就任したならこう言います。
 「県民の皆さん、玉城知事の発令した緊急事態宣言は本日解除します。今、県内で感染者が急増していることだけに一喜一憂しないでください。県内でもPCR検査数を増やしたせいで感染者も急増しているが、感染者と呼ばれている人の多くは、精度の低いPCR検査の陽性と判定されただけで、若くて健康な人のほとんどは無症状か軽症と判明しています。」
 「休業要請も全面解除し経済活動を再開しつつ、重症化しやすい高齢者と基礎疾患のある方を全力で守りましょう。くれぐれもコロナを必要以上に恐れないよう、過剰な対策などせず元の生活に戻ってください。また、PCR検査に関しては、やみくもに数を増やしても誤解を与えパニックになるだけなので、従来の基準に戻し発熱や症状のある方を対象に限定いたします。」

 ブログや他のSNSというのは、自分の趣味や仕事をアピールする場であって、絶対に他人を批判してはいけないと思っていたが、落語家の「志らくさん」いわく、「政治家だけは批判しないと世の中が良くならない」らしいので、沖縄、緊急事態宣言の早期解除を強く願い、まだまだ声を上げていきましょう。