「釣果ブログ」2007年からの情報満載!

ついに衝撃的な動画を発見!
 徳島大学、免疫生物学「大橋眞」名誉教授の「学びラウンジ」というYouTube動画は、PCR検査の危険性を警告!本当のコロナとは何なのか詳しく解説している。
「学びラウンジ」の全動画はこちらから
大橋教授の動画を見たらもう決定的。コロナは友達!絶対にPCR検査を信じてはいけない。
▼まず「感染症とは何か?」という基本の解説

 コロナは感染症じゃない!やはりウイルスは人間と共生しており、普通に体内にたくさん入っている。マスク、自粛、ワクチンも不要!

▼PCR検査を開発したキャリー・マリスの警告

 PCRを発明したキャリー・マリスの著書の解説~「マリスはPCR検査を感染症の診断に使ってはならない!」と警告しているのに世界中でPCR検査を乱用した結果、コロナに怯え大きな問題を引き起こしている。

▼コロナは友達

 驚愕!新型コロナが悪い病気を発症するような病原性を誰も確認していないのに、武漢の論文が発端で~世界中で段々と話が大きくなり強大なウイルスにされてしまった!
 ※もしかしたら腸内細菌のような善玉ウイルスという可能性もある。

▼上久保教授の集団免疫にもふれている

 PCR陽性者が多いという事は、集団免疫を確認している事なので良い事。

▼クラスターの話にも

 やはり、緊急事態宣言は意味ない!無症状なら感染リスクない。マスコミはPCRのトリックで国民を洗脳している。

▼PCR検査の根本的な問題を指摘

 症状のある患者や無症状者でもPCR検査だけで安易に診断してはいけない。やはり、医師も国民も皆がPCR検査に振り回されパニックしているだけ。PCR陽性者がたまたま他の疾患で亡くなったのにコロナのせいにされている。

▼キャリー・マリスの警告(第2弾)

 WHOが科学的な根拠も無いのに危険なウイルスと決めつけてしまったのが、そもそもコロナ騒動の始まり。無症状から感染が広がる事など誰も証明していないし、中国やドイツのいい加減な論文のために、症状もないのにPCR検査が陽性なら隔離しなければならないとか大変な事態になってしまった。
*****************************************
結論:コロナは人間と共生しているウイルスなので恐れる必要は全くなし!マスク、三密、ソーシャルD、自粛、隔離、渡航制限など全て間違い!直ちにPCR検査の乱用中止を要求する。
 私も7/20のブログから自粛や制限に反対し、PCR検査の危険性も訴え続け自分の考えが間違っていなかったと確信が持てたので大変うれしい。
*****************************************
 沖縄のコロナに関しては、大げさな報道に一喜一憂されないいようご注意ください。本日のブログで紹介したように精度の低いPCR検査なのに、他府県に比べ検査を希望する人が多いので無症状や夏風邪程度の陽性者があぶり出されマスコミは感染者が増えていると騒いでいるだけです。実際は、健康な方なら高齢者でも皆さん元気に普通に生活しているし、訪れた観光客も普通に観光を楽しめます。
 ホテルや飲食店、いろんな観光業者もウエルカムで対応しているので旅行や釣りを検討の方は、どうか安心してお越し頂けたら幸いです。